読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AyanaのAh〜♪

頭の中覗いてみませんか?

犠牲なんかいらない

子離れできない親って

子どものために!!って 余計な世話を焼くけど、それって、本当は、自分のためだよね?

 

それなら、子どもが可愛くて、世話焼きたくて、仕方が無いんです!!って、自覚したほうが、ずっと、自分が楽しいし、ありがたがられると思うんだけど。

 

 

そうじゃないなら、ただ単に、自分の影響力を試したいだけだったり、自分より下の者の面倒を見る事で、自分は少なくとも、コイツよりは、上なんだゼ!って、誇示したかったり、健気な自分をアピールしたかったり…

そういう自己顕示欲からきてると思うんだよね。

 

私にも、もれなく、そういうところはあるし、それ自体、悪いとは思わないんだけど、問題は、本人が、正義感を持ってしまっていて、自己顕示欲の存在を否定している場合なんだよね。

 

私もそう思う事があったので、すごくよくわかるんだけど、人のために…と自分を犠牲にしてしまうのは、本当に危険な思想です。

 

子どもは、親の愛を食べて、ゆくゆく、自立していくものだ。

親に恩を返すために、生きてはいない。

むしろ、愛を与えているのは、子どもの方だ。
そこを返せというのは、ただのケチだと思う。


そして、自分を犠牲にして済めばいいけど、多くの場合、そういう人は、本人も気付かないうちに、他人にも犠牲を強いるからね。

 

本当に、無自覚は、よくないと思う。

自分が何で、その言動をとるのか、先でも後でもいいから、誤魔化さずに考えてみると、わかるのになぁ…って思ったりする。

 

f:id:ayanaindia:20160903181435j:image