読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AyanaのAh〜♪

頭の中覗いてみませんか?

ふと気づいた

過去、女友だちができにくかったのは、どうも、媚びているように思われていたからなのかも知れない。

 

私は、なんとなく、この人こう言って欲しいんだろうなー。みたいのがわかるので、それを言っていたんだよね。まぁ、そうすると、当然、対する人によって、言うことを変える事になるのよね。

 

聞いてるほうは、私の意見だと思って聞くから、こいつ、私の時はこう言ってたのに、今、言ってること違うじゃん…みたいなことが起こる。

 

私としては、自分の思いは別にあるんだけど、それを言わないから、物凄くブレて、人に気に入られたくて、そうやってるように見えるんだね。

 

なんていうかなー。気に入られたくてやったというよりか、その人に、機嫌良く過ごして欲しいだけだったんだけどね。

 

これは、おそらく母に対する思いと同じにしていたからだと思う。機嫌良く過ごしてもらいたかった。そしたら、私が怒られることもないから。

 

結果、普通にやってれば、先生のウケが良かったり、人によっては、背中を押すことができたりとかしたんだけど、それを媚びてると言ってしまえば、そうなるんだよね。

 

さすがに過去に生きてもしょうがないし、今、目の前にいる人たちは、当時の母ではない。

ここ何年間かは、自分の意見を述べる事を重点的にしてきたつもりだ。

ぼーっとしていると、人と自分との境界線が甘くなるところは、まだあるけどね。

 

広告を非表示にする