読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AyanaのAh〜♪

頭の中覗いてみませんか?

捨て猫

以前、住んでたアパートの屋根無しの駐車場(うちの借りていた駐車場スペース内)に蓋つきのカゴに入れられて、小さな子猫が3匹放置されていて、隣の子どもたちが、かまっていた。

 

ちょうどその日は、遠方から義父が来ていて、みんなで食事に出かけるところだった。

猫が気になったのだけど、

ほっとけ と言われて、食事に行った。

帰ってきたら、いなくなってるといいな…とちょっと期待していた。

でも、帰ってくると、子どもたちの姿はなく、カゴの中に入った猫たちが、取り残されていた。

 

夜、雨が降ってきた。

このままじゃ、死んじゃうなぁ…

カゴに入ったままだから、どこにも行きようがないし…

 

友だちに相談してみたら、猫カフェを紹介された。そこに電話をかけて、保護してもらえないか聞いたが、断られた。いろいろ条件があるらしい。『見つけたのが 私なら…』と猫カフェの人は前置きして、保護して病院に連れて行き、飼い主が見つかるまで、責任持ちますけどね。というような事を言われた。

その時点で、無理だなぁ…と思った。

 

私は、猫のことが気が気じゃないし、そうやって、長い時間やりとりをしていたため、義父の相手をしていなかったので、旦那に、いい加減にしろよ と言われた。

 

せめて屋根のあるところに…

とはいえ、自宅のアパートに入れる事も、できず、隣の子どもに話を聞くと、近所の公園に放置されたのを、その子たちが、うちの駐車場まで、持ってきてしまったらしい。

 

それで、結局、元いた公園の、雨の当たらない場所に戻すような形をとった。

 

私が、できたのは、それだけだった。

 

次の日見に行ったら、カゴごといなくなっていた。誰かに拾われたのなら、いいんだけど。

 

本当は、保護できればよかった。

でも、あの時できなかった。

義父や旦那の反対を押し切るだけの思い入れをその猫たちに持ってやる事もできなかった。

自宅の駐車場でなければ、見て見ぬフリをしたと思う。

ちっぽけな正義感を振りかざしたって、何もできないのだ。

 

広告を非表示にする