読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AyanaのAh〜♪

頭の中覗いてみませんか?

人は誰かの役に立ちたい

私が過去言われたワーストワードは

「誰のおかげで食っていけてると思ってるんだ!」

だなぁ。

そん時は、言葉通り真に受けたので、

おー…何だよ…私の今までやってきた事全て当たり前だと思ってたのかよ…しかも、まだ足りないって?! って思ったね。

今では、共働きも増えたりして、こういうこと言う人は、化石みたいなもんかもしれないけども。

まぁ、こういう人は、何が言いたいかというと、「もっと感謝しろよ!」ということが言いたいんだよね。

 

もっと感謝しろよ て言いたくなってしまう場合、①自分が人にしてあげすぎている か、②人からしてもらっていることを受け取れていない か、逆説的ではあるが、③もっと活躍の場を求めている かのどれかだと思う。

 

私の場合、①のしてあげすぎてしまうタイプで、もっと感謝してよ と自分が思っているのを自分で気づかなくて、放置してたら、家事が一切できなくなった事があった。

なーんにもできないの。気力がわかない。

そこで、これまで、頼まれてもいないのに、完璧にしようと頑張りすぎていた事に気付いたんだよね〜。で、いいや。1日一個家事ができれば…位緩くして、ようやく動けるようになったのだけども。

 

うちの旦那は、土日祝日が出勤で、子どもと休みが合わないのと、私が、組み立て家具を組み立てたり、電化製品の配線、インターネットの接続など、まぁ、ほとんど自分でやっちゃえるので、家のことも、子どものことも、一手に自分でやってしまっていたんだけど、そうしておきながら、旦那は何にもしてくれない…と思っていたんだよね。

おもしろいもんで、私が動けなくなってから、ようやく旦那が、家のことを少しやってくれるようになったよね。子どもの相手もしてくれるようになった。

 

誰かの役に立つ機会を、奪っちゃいけないんだなぁ とそこで初めて気がついた。

 

②、③については…

また機会があったら、書こうかな。