読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AyanaのAh〜♪

頭の中覗いてみませんか?

図々しさ

今、もっと、自分に欲しい性質は、ある種の図々しさだなぁと思う。

 

これでも、歳をとって、随分、図々しくなってきたのだけど、まだまだ、だなぁ。

すぐ、どっちでもいいよ と言ってしまう。

実際どっちでもいいと思っているし、何を選択しても、それなりに楽しめてしまう部分というのはあるんだけど、あまりに、それに慣れすぎてて、自分で選択するのを避けてる部分があるんだよね。

 

これは、母と私の趣味が全く合わず、自分の趣味を否定されるのが嫌で、母の趣味に合わせていた経緯があって、それで癖になっちゃっているんだけど、いざ直そうと思っても、なかなか癖って抜けないもんで、ついつい丸投げしてしまったりするのだ。

 

最近、少しずつ、そこの選択をするように、気をつけている。

ただねぇ…。私、凝りだすと、ものすごい細かい事まで気になってしまうタチなので、こうしたい、ああしたいが、いっぱい出てきてしまうんじゃないかなぁ…と心配しているのだ。

 

ああしたい、こうしたいが出てきてしまったら、したい事をするためには、今まで、ちょっと大人ぶって、一歩退いていたところから、2、3歩前に出ないといけなくなるんだよねぇ…

 

なんか、そこビビってる。

なので、あと2、3歩前にいる事のできる図々しさが欲しい。勇気を出せば、2、3歩前に出る事は出来るかもしれないんだけど、図々しさがないと、また後ろに下がっちゃうんだよねぇ…これが…。

 

まぁ、でも、やるしかないんだよね。

清水の舞台からは、飛び降りるような思いは、既にしたから、今度は 東京タワーから飛び降りるくらいのつもりで行ってみよう!

広告を非表示にする