AyanaのAh〜♪

頭の中覗いてみませんか?

ビビりからの脱出

母曰く、弟たちは、臆病だったけど、あなたは違ったわよ だそうだ。その割には、私ビビりで、すぐ立ち止まっちゃうんだけどさ…

 

私の周囲は、親をはじめ、心配性の人が結構いた。何やっても、すぐ、大丈夫なの?とか、よく考えろとかね。

それはそれで、愛情から出てきた言葉なのだけど、私は素直に聞きすぎちゃったんだろうね〜。

 

ところがね。今は、心配すんな!とにかくやれ!動け!ビビりすぎ!! 大丈夫だよ!!と声をかけてもらうことが多くなった。

 

コレ、どっち言われる方が動けるか、一目瞭然だよね。

 

後者は、明らかに自分が動いて、何とかしてきた人だ。自分が変化を求めたとき、そういう人たちは、背中を押してくれたり、お尻叩いてくれたり、困ったらサポートしてくれるのね。ありがたい。

私のビビりは、助けを求めて、誰も手を貸してくれなかったら、どうしよう…という恐れだったのかも知れない。

 

歯車は、最初は大きな力が必要だけど、回り出したら、そこまで大した力は必要ない。

それに、世の中、思ったようにはならなくても、大抵どうにかなる。落ち着くところに落ち着くもんだ。

 

昨日の満月に今日の雨  

晴れると綺麗な空になる

がんばろー。