AyanaのAh〜♪

頭の中覗いてみませんか?

困ったおじさまたち♡

人は鏡と言いますね。人の嫌なところは、自分も持っていると言います。自分を知り、成長させるには敵を研究するに限る!そんな愛すべき嫌な部分を持ったおじさまたちについて書いてみました。

 

①気付かないおじさま♡

雨の日に歩いていると、横を通った車に思いっきり水を跳ねあげられました。

信号で追いついたので、車の窓と覗き込むと、キョトンとした顔でおじさまがこっちを見ました。いやいやいや…そんな顔されても可愛くないから…

彼は、自分が人に水を跳ねあげたことを気付いていなかったんですね。

雨の日に車で走ると、歩行者に水を引っ掛けてしまう可能性がある事や、水を引っ掛けられると嫌な気分になる事すらご存知なかったのかもしれません。

次回こういう事があったら、覗き込むだけじゃなくて、教えて差し上げようと思います。

 

②褒められたいおじさま♡

子育てに頑張って参加されてきたおじさま。私が子育てについて、十分にかまってやる事が出来ない実情がある事を述べているのに対し、自分は子どもに手を掛けて成長を見守ってきた…という話をされるのですよね。

もう、そう言われてしまうと話の向かう方向は、そのおじさまを褒めるという社交辞令的な方向にしか向かわないのです。

具体的な経験をお話頂こうと質問してみましたが、説明しきれないとの事で、何も教えて頂けなかったので、やはり自分がやってきた事に自信があって、認めて欲しいのかな〜と思い、感心の言葉を申し上げました。